2013年09月25日

チェリーブランド

今回の小谷さんのアクセサリーの中に、何点か日本の古い手巻きビーズが使われています。
アメリカのビーズショーや、最近では日本のお店でもジャパンビンテージのお蔵出し、として登場したりするようです。
「チェリーブランド」
戦後は盛んに海外輸出用に製造されたジャパニーズビーズ。有名デザイナーも使用していたということで。また最近見直されビーズファンの注目を集めているとか。
小谷さんの今回の作品もを見ても、なるほどちょっと色も風合いも、他の海外組と違って、しっとりした感じ。
そんな話題で盛り上がって、昨日、小谷さんに自宅で控えている「チェリーブランド」のストックを持ってきてもらいました。
見れば見るほど流石の細かい手技。
手巻きビーズ、といわれているそうなので、
やはりトンボ玉の要領なのでしょうか、、。
想像すればするほど、この小さな一粒一粒に愛着がわいてきます。
小谷さんなら、その一粒を、考えて考えてここぞ!というところに繋いでくれるだろうから、安心してね。と、ビーズに語りかけたり。

iPhoneで撮った写真で少しご紹介。


image-20130925105210.png

image-20130925105238.png

image-20130925105315.png

image-20130925105342.png


小谷さん、毎日在廊しております。
彼女が海外から持ち帰ったビーズのひとつひとつにストーリーありです。
是非楽しいお話聞きに来て下さいね。

image-20130925105556.png


posted by ニワコヤ at 10:57| Comment(1) | 展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね〜見にゆきたい。
ところで、トップの案内が10月4日(日)までとなってるのだが、4日は金曜日ぞな?
Posted by reiko at 2013年09月27日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。