2006年03月14日

ハリアナレポート

ハリアナ講習会.jpg

ハリアナカメラの講習会、無事終了いたしました。
心配されたお天気も好転。途中、私の用意した現像液がプリント用ではなく
フィルム用で慌てて新宿まで買いに走るアクシデントがあったものの・・・
参加者には充実した一日だったと思います。
大手さんよりピンホールカメラのしくみを模型をつかって説明を受け、
まずはアルミ缶を切り開く作業。3cm角にしたプレートに針で穴を開けるのですが、今回は0.2〜0.3mmが基準。ちょっとバリを取ったり楕円を修正したりしているうちにあっという間に0.4mmに!ビミョウ〜でもここが肝心。
niwa-coyaの奥のスペース(6畳分)が丸ごと暗室になって、
暗闇でみんなでカウントしながら像の浮かび上がるのを見守っているのは
忘れがたい時間でした。撮影の段階では写る画像も見えないし
露出の数値もないし勘が全て。なだけに経験がものをいう…。
もっと撮影ー現像を繰り返したかったけれどタイムアウト。
でも、ホントにそこいらにある紅茶缶や菓子箱が立派なカメラになって、その撮影風景ののどかさも、できあがりの予想のつかなさも、ピンホールカメラの魅力に触れた面白い企画だったなあ。
posted by ニワコヤ at 21:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この日に買ったスミレかわいがります。楽しい一日でした。前の日のコメントにも書きましたがあらためて、みなさんありがとうございました☆
Posted by 石和麻友香 at 2006年03月14日 23:33
こちらこそありがとうございました。
また近くに来ましたら是非お出でください。
Posted by niwa-coya at 2006年03月15日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。